×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップページへ

初心者のエレキギター選び【弾くのに必要な道具】

『基礎知識講座』

『購入ガイド』

『練習と上達の知識』

『その他』


トップ/必要な道具/

エレキギターを始めるための準備

一般的な初心者入門セットにはアンプ、チューナー(音叉)シールドなどが用意されていますので全くの初めての人はそちらを買ったほうが安く済ませることが出来ます。

しかし、アンプを使わずに生音で練習をするだけならギター本体とチューナーがあれば十分です。( 絶対音感を持っている人ならチューナーもいりませんが)
後は消耗品として弦やピックが必要になってきます。

必要不可欠なもの

ギター本体

■ギター本体

当たり前ですね。これがなければ何も始まりません。
さまざまな種類があり値段もピンキリです。
ストラトとレスポールが代表格。

■弦(予備用含む)

最初にギターを買った時に弦は張ってあると思いますが、たいていは張ってから時間が経っているので張り替える必要があります。
また消耗品なので定期的に張り替える必要があります。


■チューナーまたは音叉

チューニングがきちんと出来ない環境ではギターは上達しません。
これは初心者セットや、ギター本体にオマケとして付属している事が多いです。

■ピック

初心者がいきなり指弾きは難しいと思いますのでやはり必要になります。これも初心者セットに付属していることが多いのですが、人によって厚さや材質に好みがあるので個別に購入したほうが良いでしょう。

アンプにつないで弾くのに必要な道具

■アンプ
やっぱりエレキギターを弾くならアンプにつないで弾いてみたいですよね。
最近は小型で軽量のモデルが多く販売されています。
■シールドケーブル
ギターとアンプをつなぐケーブルコードの事です。
以外と音に影響がある重要なパーツです。
■エフェクター
これがあると音色を変えることが出来ます。
必ず必要ではありませんが使わないギタリストの方が少数派です。

移動時に必要になる物

■ギグバッグ
大切なギターを移動時の衝撃や雨等から保護します。
ソフトな物からハードな物まで。
ギグバッグ

保管・メンテナンスの為にあった方が良い物

演奏時にあると便利な物

これら必要な道具ををほぼすべてそろえているのが初心者入門用のギターセットという事になります。

■教則本・バンドスコア
初心者が何の手がかりもなく演奏は出来ないのでやっぱり必要でしょう。
教則本はCDやDVDが付属している物が分かりやすくておすすめです。
バンドスコアは各種販売されています。
おすすめエレキギターの教則本
バンドスコア・楽譜リンク集
■絶対うまくなってやるという強い気持ちと根気

あまり精神論は言いたくありませんが、楽器をマスターするのは生半可な気持では長続きしません。
それなりの覚悟と根性が必要です!