×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップページへ

初心者のエレキギター選び【シールドケーブル】

『基礎知識講座』

『購入ガイド』

『練習と上達の知識』

『その他』

トップ/ 必要な道具/ シールド/

シールドとは?

エレキギターとアンプをつなぐケーブルコードの事です。
アナログ仕様なので長くなればなるほど音が悪くなったりレスポンスが遅くなったりします。

このシールドもアンプと同じく他の楽器やオーディオの物を使わずに必ずエレキギター専用の製品を購入してください。

長さ 価格
30cm〜15m位まで 500円位〜数万円位まで

価格・メーカーでかなりの違い

もしあなたが初心者セットに付属のシールドをそのまま使っているか、使うつもりなら買い換える事をおすすめします。

メーカーに関してはサウンドの好みがあるので、余裕があれば下で紹介している定番メーカー等からいくつか試してみると良いと思います。

【おすすめ関連ページ】
シールドを交換する

選び方、ポイント

  • コストパフォーマンスが高い。(価格の割りに高品質)
  • 耐久性がある。(これは自分で購入して試すしかない)
  • 練習に必要最低限な長さ(ノイズをカットしてレスポンスを良くするためなるべく短くする)
  • 安いだけのシールドを選ばない(後で買い直す事になるので結果的に損する)
    品質は価格に比例するので3mの場合1,500円以上が最低ライン。

おすすめのギターシールドメーカー比較

■ カナレ(CANARE)

歴史のある国内プロ用オーディオ機材のメーカーで初心者ギタリストの定番、価格の安さの割りに高品質で耐久性には定評がある。
G03 ORシリーズのカラーは定番の黒の他に赤、青、黄、紫、グリーン、オレンジなど豊富です。

カナレ一覧-Yahoo!/ カナレ一覧 -楽天 /カナレ一覧-Amazon

おすすめシールド カナレの詳細

■プロビデンス (Providence)

独自の実用性とアイディアをコンセプトに開発されたブランド。
ノイズを減らして中低音をリアルで迫力のある音が出せるのが特徴。
プロビデンス一覧-Yahoo!/ プロビデンス一覧 -楽天/ プロビデンス一覧-Amazon

■モンスターケーブル (Monster Cable)

クリーントーンの抜けの良さと、歪んだ時のローエンドの伸びが特徴です。
アーティスト使用率が最も高いシールドです。
モンスターケーブル一覧-Yahoo!/ モンスターケーブル一覧 -楽天/ モンスターケーブル一覧-Amazon

おすすめシールド モンスターケーブルの詳細

■ベルデン(BELDEN)

きらびやかな高域が特徴のアメリカのメーカー、同じような特徴のアーニーボール弦と合わせれば効果倍増かも!?
ベルデン一覧-Yahoo! / ベルデン一覧 -楽天/ ベルデン一覧-Amazon

■ エリクサー (elixir)

透明感のあるクリアな高音域、強調されすぎない、スムースでバランスのとれた中音域が特徴。 従来のケーブルと比較し10倍もの屈曲耐久性を実現した 高級メーカー
エリクサー一覧-Yahoo! / エリクサー一覧 -楽天/ エリクサー一覧-Amazon

■カスタムオーディオジャパン (CAJ)

トップミュージシャンによるブラインドテストで選ばれた素材を採用した機材のポテンシャルとサウンドを常に100%引き出すことをコンセプトにするメーカー。
曲げや折れに対し柔軟性があり折れにくい。
CAJ一覧-Yahoo!/ CAJ一覧-楽天/ CAJ一覧-Amazon

シールドに関してはギター本体のように試奏できない事も多いので限られた予算内でこれらの数ある有名メーカーから自分好みの品を探さなければならないので意外と苦労するかも知れません。

ギター用シールド一覧 -Yahooショッピング/ ギター用シールド一覧 -楽天/  ギター用シールド一覧 -Amazon

練習用シールドの長さ

家のみで練習する場合
アンプシュミレータータイプなら1m〜、アンプタイプでも1.5m〜3mもあれば充分です。
家とスタジオで練習する場合
練習スタジオがよほど広くなければ家で両方で使える3mをおすすめします。
ライブの場合
3m〜ライブハウスなら5mあれば充分ですが、心配なら7m〜10mまで考慮しましょう。
学園祭等で大きなステージなら10mまで必要かも知れませんが10m以上はまず必要ありません。

前出のようにシールドコードは基本的に長くなればなるほどノイズを拾いやすくなり、音も悪くなりますのでなるべく短くコンパクトに収まるようにした方が良いでしょう。

長いシールドが必要になるのはスタジオで練習する時かライブの時なので、出来れば部屋での練習用とライブ用に短いシールドと長いシールドを2種類あった方が良いと思います。