×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


トップページへ

初心者のエレキギター選び<弦編>

『基礎知識講座』

『購入ガイド』

『練習と上達の知識』

『その他』

トップ/必要な道具/弦

エレキギター弦の種類と呼び方

ほとんどの弦の材質はスティール弦と呼ばれる金属製によるもので6本で1セットとなります。
針金みたいな細い単線の1〜3弦をプレーン弦 、さらに周りにグルグルと細い針金が巻かれている太い巻弦の4〜6弦がラウンド弦と呼ばれています。

弦の太さ(ゲージ)

一般的なエレキギターで使われる弦は材質のほとんどが金属の巻弦でゲージ(太さ)は 080〜038、090〜042、010〜046 の3セットが中心です。(メーカーによって微妙に弦ごとのゲージが違う場合があります)

080のセットは弾きやすいですが切れやすく、010のセットは切れにくく音にパワーもありますが、初心者には硬くて弾きにくく感じるかも知れません。

細い弦 太い弦
弾いた感触 柔らかい 硬い
切れやすさ 切れやすい 切れにくい
音の張り 弱い 強い
【関連ページ】
柔らかい弦が欲しいのですが、どんなものがありますか?

ロックではよく使う低音弦(4.5.6弦)のみワンランク太いゲージのヘヴィーボトムというセットもあります。

初心者にオススメはノーマルで弾きやすい009(ゼロキュー)のセットです。

アーニーボールの各弦の太さ
ゲージ 1弦 2弦 3弦 4弦 5弦 6弦
EXTRA SLINKY 008 011 014 022 030 038
SUPER SLINKY 009 011 016 024 032 042
HYBRID SLINKY 009 011 016 026 036 046
REGULAR SLINKY 010 013 017 026 036 046
SKINNY TOP HEAVY BOTTOM 010 013 017 030 042 052
POWER SLINKY 011 014 018 028 038 048

代表的なメーカー

ダダリオ アーニーボール ディーンマークレイ エリクサー DR(ディーアール)
アーニーボールと共に世界中のギタリストに愛されている最もメジャーなメーカーです。
癖のない明るくてコシのあるサウンドです。

Amazonで探す
ダダリオと人気を二分する最もスタンダードな弦メーカーです。テンションはやわらか目できらびやかで癖がなくバランスの取れたサウンドです。

Amazonで探す
おすすめギター弦アーニーボール
ダダリオとアーニーボールほどではありませんがプロの利用者も多いです。
柔らかいテンションとメリハリの効いたトーンと切れにくいのが特徴です。

Amazonで探す
特殊で高度なポリマーコーティング技術で弦をサビや汚れから守り、コーティングの無い普通の弦より3〜5倍も長持ちさせると言われています。

Amazonで探す
ステンレス・スティール製でテンションはやわらかめです。
厚さ0.008ミリという非常に薄いポリマーで弦の表面をコーティングして従来の弦よりも耐久性が優れ寿命が長持ちします。

Amazonで探す

初心者向けのおすすめ弦

弦に関しては初心者向けとか上級者向けと言うのは特にありません。 各メーカーが発売していますがオススメはやはりアーニーボールダダリオ です。

この2つのメーカーはプロの利用者もとても多く、ほとんどどこの楽器屋でも置いてありますし値段的にも他の一流メーカーと比べて安いです。

ギター本体はプロと同じものを買おうと思ったら大変ですが弦だけならプロと同じものを安く簡単に購入できるので使わない手はないと思います。

品質的に考えてもあまり安すぎるギター弦は買わない方が無難です。

学生の場合等でなるべく安く押さえたいという気持ちはわかりますが、実際に安物とアーニーボール、ダダリオとの品質の差は明らかです。

切れやすい弦と寿命

やはり一番細い1弦、次に細い2弦が切れやすいですが意外に4弦も切れやすいので注意が必要です。
反対に6弦は滅多な事では切れる事はありません。

もし切れてしまった場合、1弦だけをわざわざ楽器店に購入しにいくのは面倒なので 近所に楽器店がある場合は予備のために1セットまるごとか1弦だけでも余分に買っておく事をおすすめします。

通販だと1弦だけでなかなか販売していませんし、割高なのでどの弦が切れても良い様に1セット分は弦が切れた用にキープ しておくと便利です。

張替えの時期

弦は金属で出来ている消耗品なので定期的に張り替える必要があります。
毎日練習をするなら1ヶ月に1度は張り替えたい所です。
それ位経つと明らかに音にハリが無くなってきますから慣れてくると寿命が近づいているのが感覚的に分かってきます。

どんなに粘っても3ヶ月に1度は弦は張り替えましょう。

またスタジオで練習したりライブに出演するとその度に替える必要も出てきます。

ギター弦はまとめ買いがお得

どっちみち定期的に張り替えるのなら 1セットづつ買うよりも何セットかまとめて買った方が結果的に安く済みます。

月に1回張り替えるとして5セットなら半年以内に使い切ってしまうので気に入ったメーカーが見つかったら3〜10セットほどまとめ買いをしておくと良いでしょう。

弦は一度使えば品質がわかるので通販で購入するのに向いているアクセサリーと言えます。
変わったところだとamazonでは3つの主要メーカーが試せる D'Addario & Elixir エレキギター弦お試しセット .009-.042 等が発売されていますのでそれで自分に合っている弦を試してみる手もあります。


【おすすめ関連ページ】