×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップページへ

初心者のエレキギター選び【ブリッジ】

『基礎知識講座』

『購入ガイド』

『練習と上達の知識』

『その他』

トップ/各パーツ/ブリッジ

ブリッジとは?

ブリッジは、ギターに弦を固定して振動をボディーへ伝える役割のあるパーツです。

初心者は基本的にいじる必要はありませんが、音色やチューニングに大きな影響のある重要なパーツでもあります。

ブリッジ
素材
ニッケル、クローム等
定番メーカー
G.GOTOH(ゴトー)、Schaller (シャーラー)等。

ブリッジの種類

レスポールタイプ

別名チューンOマチックタイプ。

弦を乗せるブリッジと固定させる役割のテイル・ピースの2つのパーツがあるのが特徴です

レスポールの特徴や解説・おすすめモデル
テレキャスタータイプ

ブリッジ・プレートにピックアップを設置する場所があるのが大きな特徴です。

プレートの形は、ちょっと金属製のちり取りみたいな感じです。


テレキャスターの特徴や解説・おすすめモデル
ストラトタイプ

別名シンクロナイズド・トレモロユニット型。
ストラトキャスターに代表されるブリッジのタイプで上で紹介したタイプと違ってアームが使えます。

オクターブチューニングが可能なので調整もしやすいです。


ストラトキャスターの特徴や解説・おすすめモデル

▼ストラトタイプの改良型

ロック式トレモロユニット

アーミングをしてもチューニングが狂いにくいのが最大の利点です。

その反面、音色が暗くなる、弦の交換の時やメンテナンスに手間が掛かるデメリットがあります。


SSHタイプの特徴や解説・おすすめモデル
【おすすめページ】
エレキギター各パーツ
レッスン・教則本・DVD
通販楽器店リンク集