×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップページへ

初心者のエレキギター選び<テレキャスター>

『基礎知識講座』

『購入ガイド』

『練習と上達の知識』

『その他』

トップ/ タイプ別/ テレキャスター/

テレキャスターとは?

オリジナルモデルはフェンダー社によって1951年に製造されました。
当時はまだロックミュージックさえも生まれる前だったのでカントリーやジャズ向けに開発されました。

発売当初の名前は「ブロードキャスター」でしたが、その後にほかの商品が商標登録されていたために『テレキャスター』に変更した経緯があります。

テレキャスターの名前についているテレとは当時普及し始めたテレビジョンからネーミングされたものです。(言葉の響きだけで直接の意味は関係ないようです)

それまでのギターになかったソリッドボディとピックアップを搭載した革新性で現在までエレキギターの基本となっているモデルです。

オリジナルメーカー フェンダー社(オリジナル)
発表 1951年
PU シングルコイル×2、 (ハムバッカー×1、 シングルコイル×1)
フレット 21

テレキャスターの特徴

☆サウンド
シングルコイルならではの抜けの良い硬質でシャープな歯切れの良く乾いた音が特徴で特にコードカッティングに向いています。
一般的にストラトよりも高音域が強調されやすくタイトでクリーンでアタックのある音だと言われています。
☆見た目
フロントとリアにPUがひとつずつありダブルカッタウェイのストラトに対してシングルカッタウェイでアームは付いていません。

その他の特徴と注意点

☆その他の特徴
※重量的にレスポールより比較的軽くバッキングに向いているのでヴォーカリストがとりあえずステージで持っているギターである場合が多い。
☆注意点
※音が細いのであまりHM・HR等のパワフルなギターソロ向きではない。
※歪ませるとシングルコイルがノイズを拾いやすい。
※オクターブチューニングが合いづらい。

主なテレキャスターを使うギタリスト

キース・リチャーズ(ローリング・ストーンズ) ジョー・ストラマー(クラッシュ) 、桑田佳祐(サザン・オールスターズ)、布袋寅泰(布袋寅泰モデル)、ブルース・スプリングスティーン、ウィルコ・ジョンソン、向井秀徳(元ナンバーガール・ZAZEN BOYS)、アベフトシ(元ミッシェル・ガン・エレファント)、YUI( YUIモデル) 、ロイ・ブキャナン、アンディ・サマーズ(ポリス) 等

テレキャスターおすすめ初心者向け入門セット

☆お手軽に1万円台から始める
■TC-18シリーズ(サクラ楽器)
定番テレキャスタータイプ
※ページ下に動画あり

TC-18シリーズ-Yahoo!
TC-18シリーズ -楽天
TC-18シリーズ-Amazon
■MTL-250 シリーズ(イシバシ楽器)
小型アンプかヘッドフォンで選べるセット

MTL-250 シリーズ-Yahoo!
MTL-250 シリーズ-楽天 ◎MTL-250シリーズ-Amazon
■Squierテレキャスターシリーズ※3万円代〜
フェンダー廉価ブランド

Squier入門シリーズ-Yahoo!
Squier入門シリーズ -楽天 ◎Squier入門シリーズ-Amazon

1万円台のテレキャスター入門セット一覧
3万円台のテレキャスター入門セット一覧

☆本格的に始めるなら
■FenderJapan入門セット

Fender入門シリーズ-Yahoo!
Fender入門シリーズ-楽天
■Fender USA テレキャスター

Fender USA Telecaster -Yahoo!
Fender USA Telecaster-楽天
■Fender JAPAN 入門セット(イシバシ楽器)

Fender JAPAN フェンダージャパンアンプセット-Yahoo!
Fender JAPAN フェンダージャパンテレキャスターシリーズ -楽天

5万円台のテレキャスター入門セット一覧


テレキャスター一覧-Yahoo!/ テレキャスター一覧 -楽天/ テレキャスター一覧-Amazon

テレキャスター入門セットTC18シリーズの詳細はこちら

【おすすめ関連ページ】