×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップページへ

初心者のエレキギター選び【用語集】

『基礎知識講座』

『購入ガイド』

『練習と上達の知識』

『その他』

トップ/ 用語集/サステイン

サステインとは?

サステイン(sustain)とはエレキギターを弾いた時の音の伸びや残響の事。

一般的にサステインが長いほど良いギターとされる。

サスティン、サスティーンも呼び方が違うだけで同じ意味。

語源は英語のsustain(支える、持続させるの意味)

エフェクターを接続する事でサステインを大幅に伸ばす事が出来る。
また サスティナー搭載のギターを使用する事でサステインを半永久的に持続する事も可能。

反対にミュートする事で、サステインを意図的に少なくして演奏にメリハリを付ける事もある。

またレスポールに代表されるネックを接着剤で結合する セットネックの方が、ストラトキャスターに代表されるネックをボルトで留める ボルトオン・ネックよりもサステインの伸びがあると一般的に言われている。

サステインを伸ばす方法

  • 太い弦を張る。
  • フレット、ナット、ブリッジ等のパーツを高級品と交換する。
  • 歪み系のエフェクターを繋ぐ。
  • シールドをワンランク上のブランドに交換する。

【おすすめ関連ページ】