×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップページへ

初心者のエレキギター選び【用語集】

『基礎知識講座』

『購入ガイド』

『練習と上達の知識』

『その他』

トップ/ 用語集/異弦同音

異弦同音とは?

複数の弦が張ってあるエレキギターの異なる弦を押さえても同じ音程が出るポジション。

弦によって太さやテンションがそれぞれ違うため、音符♪表記では同じ音程でも異弦同音で弾くと違った印象になる。

どのポジションで弾くかは、ギタリストのセンスの見せどころ。

音叉を使ったチューニングは異弦同音を使ったチューニング方法のひとつ。

わかりやすい例

  • 5弦解放=6弦5フレット
  • 1弦5フレット=2弦10フレット=3弦14フレット=4弦19フレット

つまり弦を1つ上げる(細くなる)毎に5フレット下がったところが同音になる。(2弦と3弦だけ4フレット)


【おすすめ関連ページ】