×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップページへ

初心者のエレキギター選び【用語集】

『基礎知識講座』

『購入ガイド』

『練習と上達の知識』

『その他』

トップ/ 用語集/歯ギター

歯ギターとは?

歯ギターとは名前のまんま歯でギターを演奏する事。

60年代に伝説のギタリスト、ジミ・ヘンドリックス(ジミヘン)が演奏したのが最初で、その後もイングウェイ・マルムスティーンやポールギルバード等の有名ギタリストもステージ等で演奏している。

※録音した音源にあてぶりをしている事も多いようです。

何のために歯でギターを弾くのかと言うと完全に見た目のインパクトのみが狙い。

実際にジミヘンが歯でギターを演奏している動画がこちらの曲のギターソロで確認出来ます。
ジミヘンはちゃんとオルタネイトピッキングもしています。

1回目のソロは全て歯で、2回目のソロは頭の後ろでギターを演奏しています。

インタビューで歯でギターを弾くコツは?と聞かれたジミヘンは「1日3回歯を磨くことだ」と回答したとか、 これを真似して歯が欠けたり抜けたりしたギタリストが世界中にいるとかの逸話があったりなかったり。
良い子は真似しちゃダメだぞ!


【おすすめ関連ページ】