×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップページへ

初心者のエレキギター選び【用語集】

『基礎知識講座』

『購入ガイド』

『練習と上達の知識』

『その他』

トップ/ 用語集/フィードバック奏法/

フィードバック奏法とは?

ギタリストの立位置や角度によって鳴るノイズを意図的に生み出す奏法。 マイクのハウリングと原理的には似ている。

元々は偶然のノイズから生まれた奏法で60年代にザ・フーやジミ・ヘンドリックスが流行させた。

フィードバックノイズを出すには

スタジオやステージのような大音量でなければ迫力あるフィードバックノイズは得られないが, 小さな家庭用アンプでもディストーションやオーバードライブなどの歪み系のエフェクターをかけて角度と音量によっては十分可能なのでアンプとギターの位置や角度を変えながらフィードバックポイントを探ってみよう。

またサスティナー搭載モデルのギターを使用する事で似たようなノイズを簡単に作り出す事も可能になった。

ハウリングとの違い

自分で意図的にノイズを出してコントロール出来ているのがフィードバック、意図しない時に出てコントロール出来ないのがハウリング、こんな感じでしょうか。

【おすすめ関連ページ】