×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップページへ

初心者のエレキギター選び【入門セットを購入する意味と役割】

『基礎知識講座』

『購入ガイド』

『練習と上達の知識』

『その他』

トップ/入門セットを購入する意味と役割

始める人はとても多いエレキギター

エレキギターの入門セットは挑戦する人が多いので他の楽器に比べて安く販売されています。
これがマニアックな楽器だったら初心者でも高額な出費となるでしょう。

新しい趣味=自分への投資

ギターに限らず新しい趣味に挑戦するというのは時間と手間ともちろんお金を使った自分への投資と言えます。

始める時は誰でもが「ギター弾けたらカッコいいよなぁ」と思って始めるわけですが、かなり多くの人が志半ばで挫折しているのも事実です。

世の中にはエレキギターをただ「持っている人」(持っていた)ならあなたの身のまわりにも結構たくさん見当たるのではないでしょうか?
でも「弾けるようになって現在も趣味にしている」という人はかなり少ないのではないのでしょうか?

つまりこれは多くの人が「エレキギターを始めたものの途中で何らかの理由で挫折した」事を意味します。

ひとつの例として管理人は一時期ビリヤードがどうしてもうまくなりたくてサークルに入会しました。
そこで周りの経験者の人たちから「安いキューはダメだよ」とアドバイスされて初心者には値の張る4万円以上のキューを買いました。

・・・そして今は見事にタンスの肥やしとなっています。

継続してやっていく事の難しさを実感した話でした。

つまり何が言いたいかと言うと実際に始めてみないと継続して続けられる趣味かは本人も分からないと言う事です。

もしかしたら1週間で投げ出してしまうかも知れない。
その場合、時間の投資はたいした事なくてもお金の投資額は高いギターを購入した場合ほど無駄になってしまいます。 楽器店に下取りに出したり友人に売っても購入した金額には届かないのが通常です。

入門セットで始めるのに向いている人

初心者用の入門セットは安く一揃いするのでコストパフォーマンスが高いと言えます。
なので自分が将来ギターを弾けるようになるか自信がイマイチ持てない人、なるべくお金をかけたくない人には投資額を最小限に抑えられるので向いていると思います。
まあ知り合いにタダ同然で譲ってもらうのが一番安く済みますが。

入門セットで始める必要がない人

すでにある程度ギターが弾けるようになっていて経済的に余裕がある人にとっては購入する意味があまりないかも知れません。

入門セットの宿命

最初の入門セットと言うのは自分にギターが向いているのか? 続けられる趣味なのか? と探る次のギターまでの『期間限定のお試し商品』だと割り切ったほうが良いかも知れません。

順調にギターが上達してしばらくしたら2本目のギターがきっと欲しくなると思います。
その時にあなたにとってこのサイトの役割も終わり、めでたく初心者を卒業したと言っていいでしょう。


初心者のエレキギター選びトップ
エレキギター初心者のよくある質問

Copyright 初心者のエレキギター選び All Rights reserved.